時間をかけても良いなら独学で宅建合格を目指す

独学で勉強した場合

はじめに申し上げると独学で勉強して合格するとなると時間と手間がかかってしまうのは否めません。
何故なら、独学の場合、学習ポイントが掴みづらく、その上良い教材に中々めぐり合えないという欠点があります。

学習ポイントというのは、法改正の情報や試験の出題ポイントというもので、何処をどのように勉強すれば点数が取れるかということです。
ですが、そうしたことはプロの講師が長年の経験や研究から得た知恵ですので、素人では、わかるはずもありません。
ですから、独学の場合は遠回りになりますが、地道に少しずつ勉強していくしか方法がないのです。

また、教材に関しても独学だと限界があります。
何故なら、世の中に出回っているテキストや問題集を編集しているのは、学校に通学をしてもうことを目的としている学校関係者ですから、まともに合格でき情報を提供しているとは考えられません。
そうなってくると一つのテキストでは情報不足になり、様々なテキストや参考書を組み合わせて知識を吸収していかなくてはいけないので、時間と手間がかかってします。
その上、独学だと講義を視聴することも出来ず、法律を理解するのにも時間がかかってしまうのです。
なので、独学で勉強する方は、学生や今現在仕事をしていなくて、勉強する時間がたっぷりある方に限られてしまいます。

しかし、宅建の試験は、現役の社会人が大変です。
そうした方は貴重な時間を無駄にしたくはないと思いますので、お金を使ってでも通学講座や通信講座を受講するほうが良いでしょう!

もうすでにご存知の通り、宅建の試験は10人に8人が落ちる難易度の高い試験です。
その中には、本人の学力に関係なく、仕事が忙しくて勉強できなかったという人が多いはずです。
そのような状況で独学を選んでしまえば、現実的に合格は不可能ということになります。

通信講座にせよ、通学講座にせよ、その本質はお金を出して時間を買うことです。
お金を出して短期合格し、その分の時間を仕事に回したほうが将来的な収入が増える可能性が高くなると感じます。

どちらにせよ、独学の場合は合格するまでに時間がかかると覚えておいて下さい。

次のページ >>

>>DVD受講の前に、まずはサンプル講義をチェック!

メニュー

TOP

宅建の仕事

宅建の人気の秘密

宅建の年収

試験攻略法

宅建の難易度

独学で勉強した場合

通信講座はDVD講義が基本

通学講座は最終手段

基本は8割を目指す学習



▼宅建通信講座ランキング▼
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら

【No.2】エル・エー
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

⇒詳細はこちら

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。

⇒詳細はこちら