宅建の難易度は決して低くありません。

宅建の難易度

宅建の試験について学んだら、次はどのくらい難易度の高い試験なのか検証して行きたいと思います。
まずは合格率を見てみます。

 

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

受験者数

186,542

188,572

191,169

186,304

192,029

合格者

28,311

30,391

32,000

28,470

33,670

合格推定点

36点

36点

33点

35点

32点

合格率

15.2%

16.1%

16.7%

15.3%

17.5%

合格点は、前のページで紹介したのでわかると思いますが、合格率は15~17%となり、10人受けたら、8人は落ちるという計算になります。
ここはしっかりと重く受け止めてほしいと思います。
何故なら、宅建は簡単と思われている傾向があるからです。

確かに宅建という試験は、受験者数が多い一方で学力不足の人が多くいます。
しかも、インターネットの影響でそれが広まっていて、真剣に試験対策を行っている受験者数が少ないのです。
「とりあえず受験して見よう」「合格できればラッキ」くらいにしか考えていないのではないでしょうか?

その証拠にデーターにはありませんが、試験に申し込んでも実際に受験しない人が、毎年4~5万人くらいいます。

ですが、宅建の試験は決して簡単ではありませんし、むしろ難しいといっても良いと思います。
どんなにレベルが低かったとしても、10%台の試験ですから、簡単に合格させてくれません。

まずは、しっかりと勉強するという強い気持ちを持って望んでください。
安易に市販されているテキストや問題集を買ってとりあえず勉強するといった感じでは合格できません。教材選び、勉強法、試験科目学習ポイントなど情報を集めてから取り組んでほしいと思います。

但し、情報を集める場合は、その信頼性の判断はしっかりと行ってください。
インターネット上には、宅建に関する情報が溢れていて、信憑性を欠くものもたくさんあります。
何が正しくて、何が間違っているのか見極めることが出来なければ、誤った情報に踊らされてしまいます。

このサイトでも、可能な限り情報は提供していきますので、それを参考に皆さんには本質を見極める目を養って頂ければと思います。

次のページ >>

>>DVD受講の前に、まずはサンプル講義をチェック!

メニュー

TOP

宅建の仕事

宅建の人気の秘密

宅建の年収

試験攻略法

宅建の難易度

独学で勉強した場合

通信講座はDVD講義が基本

通学講座は最終手段

基本は8割を目指す学習



▼宅建通信講座ランキング▼
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら

【No.2】エル・エー
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

⇒詳細はこちら

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。

⇒詳細はこちら