宅建の資格で年収をUPするには!

宅建の年収

宅建の資格と年収の結びつきで、欠かせないのが毎月の資格手当てです。
金額は、企業によってまちまちですが、5千円~5万円といったところだと思います。
仮に2万円だったとしても、年間では24万円もUPすることになり、この不景気なご時勢では大きな収入源となります。

しかし、中にはそんな額ではなく、年収1千万円以上目指したい方もいるはずです。
そのような人は、やはり自分の実績を作っていくしかありません。
例えば、宅建の有資格者なら直接物件の契約を結ぶことが出来るので、販売することに成果報酬が貰えます。
1件3500万円のマンションを売り、制約ごとに0.5%のマージンがもらえるとします。
そうなれば基本給以外に17万5千円の報酬が上澄みされます。
年収1千万円以上の高額な収入を得ている人は、このようなことを繰り返しているのです。

ただし、そうなるためには本人の努力欠かせません。
商品知識の習得、話術など、常にどうすれば売れるのか、考えて実行しなくてはいけません。
しかも今は、一昔前のようにぽんぽん不動産が売れる時代ではなくなりました。
実績を上げるのがより難しくなっています。

その他にも年収を上げる方法として独立開業することが考えられます。
ですが、ただ宅建の資格だけを武器に独立するのは心もとないので、他の資格も取得してダブルライセンスで勝負する人が増えています。
特に多いのがファイナンシャルプランナーです。

ファインナンシャルプランナーは金融関係の商品を取り扱う専門化で、不動産とは非常に愛称が良いのです。
例えば、建物の売買を媒介した場合、必ず何かしらの保険に入らなければいけません。
そうなれば保険商品を売りその手数料と建物の手数料が同時にもれることになります。

また、顧客がマイホームを購入したいと考えていれば、不動産と金融の両方面からアドバイスできて、顧客からの信頼を勝ち取り長期間に渡って取引してもらえることもあります。

ここではファイナンシャルプランナーを例に上げましたが、それ以外にも行政書士や社会保険労務士でも良いと思います。
要するに工夫次第でいくらでも年収を上げることができて、実際にそのような方はたくさんいます。
税理士だろうと弁護士だろうと宅建だろうと年収を上げるのは本人の努力です。
資格を持っているだけで、年収が上がることはありえない事だけ理解してください。

次のページ >>

>>DVD受講の前に、まずはサンプル講義をチェック!

メニュー

TOP

宅建の仕事

宅建の人気の秘密

宅建の年収

試験攻略法

宅建の難易度

独学で勉強した場合

通信講座はDVD講義が基本

通学講座は最終手段

基本は8割を目指す学習



▼宅建通信講座ランキング▼
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら

【No.2】エル・エー
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

⇒詳細はこちら

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。

⇒詳細はこちら