宅建は就職だけではない

TOP

現在、景気が少しずつ上向きになっているとは言え、それは大企業とそこに働く一部の社員のみ。
その他、大勢の人達は景気が良くなっているどころか、全然変わっていないという印象の方が強いのではないでしょうか?

現在は自己責任といわれていて、自分の身は自分で守っていけなくてはいけません。
いつ会社が倒産してもリストラにあっても、次の就職や転職に繋がるように日々努力していかなければ一寸先は闇です。
そうした中で自己防衛できるのが資格です。
今回は、その数多くある資格の中からに日本最大級である宅建についてご紹介していきたいと思います。

宅建の一番の特徴は就職に強いことが上げられます。
一時のバブル期のような勢いは失い、不動産不況といわれている今でも、その人気はまだまだ健在です。
現に受験者数が20万人を越えていて、それだけ仕事への需要が高いといえます。
その上、現場ではまだまだ数が足りないと言われ、これから宅建を取得することで就職や転職のチャンスが広がってきます。

もし、将来の仕事に不安を抱え、これから何かの資格を取得したいと考えているのであれば、是非、宅建をご検討下さい。

宅建は不動産だけの就職と思われがちですが、その他にも金融や一般企業の総務、もしくは、日常生活にも役に立つ勉強です。
それだけではなく、独立や年収アップにも直結してくることもあります。

このサイトでは、何故宅建が就職に強いのか、どんな仕事をしているのか、それ以外にも勉強法についてなども含め、合格するための情報も伝えていければと思います。

最後まで読んでいただければ、宅建の全容が見えてくると思いますので、興味がある方は最後までお付き合い下さい。
それでは早速次のページから詳しい説明をしていきます。

次のページ >>

>>DVD受講の前に、まずはサンプル講義をチェック!

メニュー

TOP

宅建の仕事

宅建の人気の秘密

宅建の年収

試験攻略法

宅建の難易度

独学で勉強した場合

通信講座はDVD講義が基本

通学講座は最終手段

基本は8割を目指す学習



▼宅建通信講座ランキング▼
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら

【No.2】エル・エー
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

⇒詳細はこちら

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。

⇒詳細はこちら